屋根と外壁は建築されたその時から日光や風雨、寒暑に晒され続けており、風で飛んでくる砂や埃に叩かれ続け、経年劣化や風化はどうしても避けられないものです。
雨漏りなどの直接的な被害が起きないと、気付きにくい屋根や外壁ですが、ダメージを受け続け、さらに塗装が剥がれた状態にしておくと、屋根も外壁もどんどん劣化してしまいます。
人の健康と同じく、大きな問題が起きる前にメンテナンス(塗装)をすることで、建物の寿命を延ばすことができます。
外観の美しさを保つことはもちろんですが、最近の塗料の性能向上により、耐久性だけでなく、断熱・遮熱・低汚染といった機能を追加できるようになり、 塗装を行うことで、今以上に快適なお住まいにすることができるようになります。

美しい外観と耐久性向上・防水性もアップ

塗り替えは傷みの原因となる「防水効果」を蘇らせ家の老化を防ぎます。

 

断熱・遮熱効果

夏の暑さ、冬場の寒さを軽減!

遮熱塗料、断熱塗料を使うことで、夏の暑さが軽減されたり、冬の寒さが軽減されたりします。(遮熱は夏の暑さのみ抑えます)
これにより、ご自宅での過ごし方が快適になります。もちろん光熱費も多少軽減できます。
では、どんな塗料がいいのかというと、一概にはこれがいい、といったものはありません。なぜならば、壁材や屋根材によって、良し悪しがありますし、お客様のご要望に応じて提案も変わってきます。
ただ、遮熱、断熱効果が高い塗料を使うことで、ご自宅が少し快適になり、光熱費が節約できるということは大きなメリットの一つです。

 

断熱と遮熱の違いとは

断熱
夏の暑さ、冬の寒さ双方を軽減します。わかりやすい例としては魔法びんを思い浮かべてください。保温も保冷もできますよね。それと似たことを塗料でするのが、断熱です。
遮熱
これは、太陽光の熱を抑える効果を刺します。つまり、夏場の暑さは軽減できますが、冬場は太陽光が蓄積しないため、寒くなるケースもあります。