そもそもな話、どうして家は塗り替えなければいけないのか。
もしやるとしたらいつ頃塗り替えなくてはいけないのでしょうか?

 

当然ですが、建物が傷むにつれて屋根・壁共に劣化し、塗り替えが必要となってきます。

 

しかし、「何年たったら塗り替えを絶対にしないといけない」という決まりがある訳ではありません。業者さんによっては4〜5年又は10年位が塗り頃だという説もありますが、大切なのは大事に至る前に行う事です。

 

と言うものの、「100万も150万もかけて外壁塗装する意味があるのかしら???別に住めないわけじゃないし、雨漏りしているわけでもないし必要性なんてあるのかしら。」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 


塗装の目的は建物の寿命を延ばすことと二次的被害を防ぐことです。

外壁塗装とは、もちろん美観を保つという目的もあります。
ですが、本来は建物を防水して寿命を延ばすことが目的なのをご存知でしたでしょうか?

 

最初にお伝えした「大事に至る」と言う事は、壁のひび割れや塗装の膜が劣化することで壁の内側に雨水が入り込み、下地の柱を腐らせてしまう、といった事態になる事です。
(屋根の雨漏りは直接天井に落ちるので音やシミですぐに分かりますが、壁の雨漏りは外側のひび割れ位からしか判断する事が出来ません。)

 

この状況に至ると材木は湿気を含み、白蟻を呼ぶ可能性もあります。さらに、いざ外壁塗装をしようと思った時に、塗装だけでは済まないこともあります。

 

外壁塗装には、こうした雨漏りによる2次的被害の誘発を阻止する役目があります。
しかし、日常生活の中で、壁の内側の状況など見れるはずもありません。

 

そこで、外観をみれば誰でも簡単にチェックできる3つの注意ポイントをお知らせいたします。

 

もっと詳細に調べてみたい方には6つのポイントをお教えします。

よく考えると自分の家の外壁なんて 意識して見る事は少ないものです。
「うちは大丈夫かな?」と気になったら 6つのチェックポイントを確認してみましょう。

 

お家の点検ポイントをチェックリストにまとめましたのでお活用ください。

10年以上、外壁や屋根を塗り替えていないお家は、一度は健康診断を受けておかれたほうがよろしいでしょう。

 

日当たりが良くて紫外線が良く当たる外壁を目を凝らして見てみましょう。
小さなヒビが発見されることが多いのです。

 

 

外観は目立ったところが見つからなくても、一度、専門業者に見てもらいたい方は、LINEをお勧めします。

 

パソコンンやスマホをお持ちでない方は、お電話でのご相談を受け付けています。